« 視力回復を。 | トップページ | 柿。 »

2009年11月19日 (木)

スライダー交換修理。

Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

いつも御世話になっているつくばにあるオリジナルジュエリーアクセサリーの工房兼SHOP『RaisoN D'etrE (レゾンデートル)』様より、ビルフォードウォレットの修理の依頼を頂きました。

091118_01_repair

超有名某シルバーブランドのウォレットなのですが(写見りゃぁ判るか^^;)、コインケースがファスナー開閉式になっており、スライダーにある引き手を引っ掛ける部分が破損していました。

海外のメーカーのものだったので、それに合うスライダーがあるかどうかと心配しましたが、5号のスライダーが合う様なのでひと安心。

もともと付いていた引き手は、これまたこのブランドでは定番モチーフのシルバー製のもので、まずコレを新しいスライダーに装着。

スライダーを交換するには、下から(ファスナーが開いている状態から)でないとかなり入れにくいのでそちらをバラし、スライダーを入れて完了。

文字で簡単に書くとこんな感じですが、実際はバラす際によく状況を見たり、どれくらい糸をほずすか、そして元の状態までどれくらい近づけて復旧できるかなど、結構色んなトコとで判断を迫られる作業です。

今回のものはミシン縫いで縫い目も細かく、どうなることかと思いましたが、うまく元通りに復旧できたのでとりあえずひと安心。

お客様の思いいれのあるモノらしいので、またこれからも使っていけるようになってよかったです^^

これから『RaisoN D'etrE(レゾンデートル)』に納品してこようと思います。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

『Leather works GATE』ホームページ
http://www.leather-w-gate.com/

|

« 視力回復を。 | トップページ | 柿。 »

革仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193310/46801930

この記事へのトラックバック一覧です: スライダー交換修理。:

« 視力回復を。 | トップページ | 柿。 »