« おしい。 | トップページ | 相乗り。 »

2008年6月22日 (日)

カメオ彫刻。

Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

080622_01_cameo 080622_02_cameo_2

今日は、イタリアの若手No.1のカメオ彫刻師、ジョヴァンニ・ヴェントレスカ氏にお会いしてきました。

ヴェントレスカ氏が彫刻するのは主にシェルカメオといい、シェル(貝)にカメオを彫刻するものです。

実際に説明を聞きながら道具を見せていただいたり、彫り方を実演していただいて、カメオ彫刻ってすごいんだと、その繊細さや美しさに圧倒されてきました。

080622_03_cameo

彫刻刀を使いシェルの表面の白い層とその下の茶色い層ぎりぎりの所を削っていくことで繊細に立体感や透明感、柔らかさなどを表現していくので、機械ではできない素材との対話をしながらの作業となり、ものすごく手間と根気が要り、しかもやり直しが効かない作業。

一品一品が真剣勝負であるこの彫刻は、まさに作家が身を削って作り出した芸術品だといえます。

レザーカービングの場合も革を叩いて凹凸を付けていくという作業こそは違いますが、素材と対話しながらのやり直しの効かない作業であるという事に置いて共通する部分があると感じました。

また、風景や人物なども非常に細かく繊細に表現されるのですが、特に髪の毛の流れの表現には目を見張るものがあり、自分の作品にもそういった要素を取り入れられないかと穴が開くほど(笑)見させていただきました。

自分の中ではヨーロッパの装飾に用いられる唐草が結構好きだったりするのでアールヌーボー的な要素もたくさん含まれるこういった作品を見せて頂けてとてもいい勉強になりました。

しかも一流と呼ばれる作家さんの仕事を直接見たり、教えていただいたりという機会はなかなかなく、本当に勉強させていただきましたし、刺激をたくさん頂きました。

直に本物に触れる機会をいただけた事に本当に感謝です。

これからの自分の作品づくりに活かしていけたらと思います。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

『Leather works GATE』ホームページ
http://www.leather-w-gate.com/

|

« おしい。 | トップページ | 相乗り。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193310/41621481

この記事へのトラックバック一覧です: カメオ彫刻。:

« おしい。 | トップページ | 相乗り。 »