« 25周年。 | トップページ | 妄想と構想。 »

2008年6月 6日 (金)

生きる。

Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

6月1日、子供会の旅行で『ディズニーランド』へ行き、帰ってきてゆっくりしていたところに嫁の携帯に着信があり、家族ぐるみで付き合っていた友人家族の旦那さんが交通事故で亡くなったという知らせをうけました。。

ほんの一ヶ月前、GWに行ったキャンプに参加は出来なかったものの、まだ生まれて半年の愛娘を連れて遊びに来てくれていた彼がです。

友人のお店に家族で遊びに行った帰り、ほんとに車を出してすぐのことだったそうです。

知らせを聞いたときは頭の中が真っ白になって、いろんな思い出や、彼の奥さん、家族のことなどが頭の中をグルグルして、知らず知らずのうちに涙が出てきていました。

釣りが好きで、よく釣りに行っていた彼。

子供が大好きで、キャンプに行くと子供たちの先頭に立って遊んでいた彼。

子供が興味を持つような事をたくさん知っていて、本当に子供たちがなついていて、ウチの子供も、他の家族の子供も、みんな彼が大好きでした。

ウチの次男坊が、わかっていてなのかそうでないのかはわかりませんが、『お父さん、ドラゴンボールがあったら何お願いする?』と聞くので、僕は『こだまっち(彼の愛称)を生き返らせてもらうよ』と答えました。

現実には『ドラゴンボール』なんてないけど、きっと子供なりに気を遣ってくれたのでしょう。

時々知らず知らず頭に浮かんできては涙が出てきてしまいますが、その度に、これから彼の分も生きれるわけではないけど、自分の生きる分はしっかり生きていこうと思い直しています。

家族、友人、子供たちそれぞれに、きっと彼が残してくれた何かがあると思うので、それを大切に、それぞれが精一杯生きていくことが彼に対する供養になると思います。

それぞれが精一杯、そして楽しく生きて、いずれ平等に訪れるであろう『死』を迎え彼に会ったとき、胸を張って会えるように。

こだまっち。今までありがとう。こっちのことは心配しないで。皆で協力していくから。安心して好きな釣りでもしてください。
ほんとにありがとう。

彼が生きていたという証というわけではありませんが、自分の中に刻んでおくという意味で今回の記事は書きました。彼を忘れることのないように。彼の残してくれたものを忘れないように。

最後に、彼のご冥福をお祈りしたいと思います。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

『Leather works GATE』ホームページ
http://www.leather-w-gate.com/

|

« 25周年。 | トップページ | 妄想と構想。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193310/41441186

この記事へのトラックバック一覧です: 生きる。:

« 25周年。 | トップページ | 妄想と構想。 »