« カービング:サムプリント | トップページ | 第7回あ~てぃすとマーケット。 »

2007年4月22日 (日)

カービング:フィニッシュカット(デコレーションカット)。

Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

ちょっと間が開いてしまいましたが、今回は『スーベルカッター』での『フィニッシュカット(デコレーションカット)』という仕上げの作業の説明をしたいと思います。
070422_01_finishcut
『フィニッシュカット(デコレーションカット)』とは、花びらやぺタル(小さな葉っぱ)などに『スーベルナイフ』で装飾的にカットを施す作業です。

流れを強調したり、花びらの動きを表現したり。
この作業をすることで、カービングに表情がでてきます。

昨年、一昨年と、憧れの地『シェリダン』から、”Clint.Fay”さん、”Jim.Jackson”さんが来日し、講習をされた時にお二人ともおっしゃっていたのですが、この『フィニッシュカット(デコレーションカット)』のしかたは人によって様々で、”サイン”をするのと同じくらいに、カットを見れば誰がカービングしたかがわかるほど特徴がでると言われていました。

まあこれは、『シェリダンマスター』と呼ばれる方々のレベルでの話でしょうが、逆に言えば、『それくらい特徴を出せる』ということかもしれません。

自分の感性に合った『フィニッシュカット』ができるように、僕のカットを見て『これはHIDEの作品だ』とわかってもらえるくらいになりたいモンです^^
日々精進ですね。

『フィニッシュカット(デコレーションカット)』についてはこんな感じです。

さて、これまで数回にわたり『カービング』の大まかな作業の流れを説明してきました。

これまでの説明でうまく伝えられたかわかりませんが、一つの作品を作るのに、図案からはじめて仕上げまで、”チョチョイのチョイ”というわけにはいきません。

図案を描くのにも、さらっと描けてしまうこともありますし、一週間かかっても描けない、まとまらないこともあります。

カービングにしても、完成までに何回刻印を打ったのかわからないくらいまさに”コツコツと”作業していきます。

そういった一つ一つの作業を”精魂込めて丁寧に”積み重ねていくことで、型押しにはない迫力や、存在感をもった作品になるんだ思います。

そしてここまでの作業は、あくまでも革に『カービング』という装飾を施した段階なので、当然このあと、染色や、仕立て、コバ磨き(笑)などの作業が入ってきて一つの作品になります。

手作りの作品の『温かみ』はこういった積み重ねからくるのかもしれません。

今まで読んでいただいた方々に、少しでもレザークラフトの作品が出来上がるまでの過程と、そこに”こもっているもの”が伝わっていればいいなと思います。

なんかこれでブログが終わりみたいな文章になってますが、まだまだこれからも続きます^^;
今後ともよろしくお願いいたします!!

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

|

« カービング:サムプリント | トップページ | 第7回あ~てぃすとマーケット。 »

カービングの解説」カテゴリの記事

コメント

 
 皮の作業は 奥深いですな・・・

 また火曜日に(笑

投稿: サブロー | 2007年4月23日 (月) 23時36分

≫サブローさん
ども。
最近なんだかんだで教室に行けていません^^;
今日も一身上の都合で行けないので、来月には行けるようにしたいと思ってます。

投稿: HIDE | 2007年4月24日 (火) 09時02分

According to my own monitoring, millions of people on our planet receive the business loans at well known creditors. Thus, there is good chances to get a sba loan in any country.

投稿: AgnesBooker | 2012年4月17日 (火) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193310/14806700

この記事へのトラックバック一覧です: カービング:フィニッシュカット(デコレーションカット)。:

» クロスステッチフリーチャートの紹介 [クロスステッチ館〜キットからチャート(図案)、無料図案(フリーチャート)のダウンロードまで]
クロスステッチのチャート(図案)を無料でダウンロードできるフリーチャートのサイトを紹介します。オススメは、英語のサイトですが、マイケルズ(Michaels)です。アメリカの総合手芸店のサイトです。意外に思うかもしれませんが、アメリカでは手芸が盛んです。東海岸などの保守的な土地では、イギリスから渡ってきた清教徒たちの古き良き時代の伝統を受け継いでいて、ヨーロッパの伝統の刺繍やクラフトなどの手作業を大事にしています�... [続きを読む]

受信: 2007年4月23日 (月) 13時56分

« カービング:サムプリント | トップページ | 第7回あ~てぃすとマーケット。 »