« プレゼント当選者発表!!。 | トップページ | カービング:フィニッシュカット(デコレーションカット)。 »

2007年4月17日 (火)

カービング:サムプリント

Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

今回は『サムプリント』を打つ工程についてです。

070417_01_thumbprint_4 『ペアシェーダー』に良く似た刻印で『シェリダンスタイル』では『サムプリント』と呼ばれています。

この刻印は陰影をつけるのに使われます。
写真を見ると、前回までのものより、影というか凹凸部分が表現されてより立体感が与えられています。

この刻印には、”ツルツル”のものや”縦線”の入ったもの、”横線”の入ったものなどがあり、表現の仕方によって使い分けます。

特にフラワーや、葉の波打った部分(スカラプといいます)への打ち方で、その印象がずいぶん違ってしまいます。

『サムプリント』についてはこんな感じです。

一応、ここまでで、刻印を打つ作業が一通り終わった事になります。

まだまだ説明していない刻印がたくさんあるのですが、今回のシリーズ(?)は、”カービングの大体の流れ”を知ってもらうために書いている(つもり)ので、今回説明しなかった刻印については、今後機会があればまた説明してみたいと思います。

途中、何回か説明させていただきましたが、ここまでの刻印の使い方や順番は、あくまで一般的だと僕が思っているものなので、他にもいろいろなやり方があると思います。

最終的にきれいに仕上がれば、どれが正しいという事はなく、カービングをする人の感性を表現できればそれでいいと思います。

最後に次回『スーベルカッター』での『フィニッシュカット(デコレーションカット)』という仕上げの作業の説明をしたいと思います。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

|

« プレゼント当選者発表!!。 | トップページ | カービング:フィニッシュカット(デコレーションカット)。 »

カービングの解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193310/14714549

この記事へのトラックバック一覧です: カービング:サムプリント:

« プレゼント当選者発表!!。 | トップページ | カービング:フィニッシュカット(デコレーションカット)。 »