« 晴れ晴れ。 | トップページ | 鬼でした。 »

2007年2月 2日 (金)

手縫いの面白さ。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

070129_02_tenui 今日は、先日から作っている『蛇革ベルト2』の手縫いをしました。

先日の記事通り、突き目をしながら縫う方法でやりました^^

以前、厚めのベルトを作った時に裏を貼りまして、その時にやったことがあるのですが、すごく時間がかかります。

でも、一針一針縫っている感じがなんともいいんですよね。。。

やり方としては、

①表にネジ念でコバ部分から一定の幅でガイドラインとなる縫い線をひく。

②裏にも同じ幅でひく。

③表のラインに沿って裏に貫通しないように菱目打ちを打つ。

④あとは菱ギリで突き目しながらひたすら縫っていく。

なのですが、菱目で等間隔にしるしをつけた表側はいいのですが、裏は突き目の仕方が悪いと縫い目に著しく影響がでるので、集中してやらなければなりません。

なれれば菱目で表から革を貫通するよりきれいに縫えると思います。
難しいし、手間がかかりますが・・・。

でも、菱目でガツンとやって縫うより数段面白い。

やっぱり、こうやって一目一目丁寧に突き目して縫っていくのが面白いなと思いました。

『その世界に入っている』という感じに自分がなっていくのがわかるんです。

友人に、ひたすら手縫いをしている方がいるのですが、気持ちがわかります。

「使用する道具や、糸なども色々工夫するときれいな仕立てが出来るかも」などと当たり前のことなんですが、妙に改めて考えさせられました。

色々やってみようと思います。

ただこなすのではなく心を込めて。再認識です。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

|

« 晴れ晴れ。 | トップページ | 鬼でした。 »

革仕事」カテゴリの記事

コメント

突き目ですか!?
たしかに手間はかかりますが僕もけっこう好きだったりしますw
研ぎたての菱ギリの革にス~っとはいっていくあの感覚がたまりません!!(笑

投稿: kazu | 2007年2月 3日 (土) 21時09分

>Kazuさん
ぼくは以前磨いだばかりの菱ギリで自分の指をス~ッとやってしまいましたorz

投稿: HIDE | 2007年2月 5日 (月) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193310/13766640

この記事へのトラックバック一覧です: 手縫いの面白さ。:

« 晴れ晴れ。 | トップページ | 鬼でした。 »