« 蛇革ベルト。 | トップページ | 雑誌に掲載。 »

2007年1月27日 (土)

蛇革ベルト2 製作。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

前回、『蛇革のベルト』の事について書きましたが、、もう一本、栃木県のK様からオーダーをいただいてまして、今日はその製作でした。

070127_01_ 最初の写真。
右から『蛇革』『裏になる革と芯になる革を貼り付けたもの』『蛇革の縁になる革』です。

それぞれ裁断し、染色や仕上げをしてあります。
特に左の『縁になる革』の内側部分は後では磨けないので、大変でもこの段階で色を入れて磨いておきます。
また、芯を入れることで、仕上がりにボリュームと高級感を与えています。

070127_02_ 二番目の写真は『蛇革』を貼り付けた段階の写真です。
『蛇革』がコバまで及ばないように、数ミリ小さく裁断してあるので曲がらないように貼り付けます。

070127_03_三番目の写真は、さらに『縁になる革』を貼り付けたものです。
今日はここまで。

あとは周りを手縫いし、コバを磨き、バックルを取り付けて完成です。
二番目の写真の説明でもあるように、コバまで『蛇革』が及んでいないので、コバをきれいに磨けます。

それは『蛇革』と『ヌメ革』とをサンドイッチ状態にしたものをいっしょに磨いても、『蛇革』の部分は同じ質感にならないのできれいに仕上がらないのです。
一応コバにはこだわっているので^^

今回の手縫いは菱ギリで『突き目』しながら縫うやり方でいこうと思っています。

時間はかかりますがさらに良い作品を目指して^^

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

|

« 蛇革ベルト。 | トップページ | 雑誌に掲載。 »

革仕事」カテゴリの記事

コメント

前回の日記のベルトみたときへり返しなのかなっておもったんですがコバは2枚の革が張り合わせてある状態だったんですね。
縁取りの革をはるとこんなにいいかんじになるんですね!!
勉強になりました☆

投稿: kazu | 2007年1月28日 (日) 01時22分

>Kazuさん
他の方にもどうしているのか聞かれたのですが、その通りです。
『コバを磨く』という前提で考えているので。
へり返しもやってみたいですが、剣先部分の角度が急なので、結構むずかしいかも^^;

投稿: HIDE | 2007年1月28日 (日) 09時15分

相変わらずコバに熱いっすねぇ。
へり返しだとおっしゃるように剣先部分の菊寄せが辛そうですね。
でも、上の革の内側を磨くのも大変だと・・・。

ちょっと用事があるので後でメールします。

投稿: こぶた | 2007年1月28日 (日) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193310/13681875

この記事へのトラックバック一覧です: 蛇革ベルト2 製作。:

« 蛇革ベルト。 | トップページ | 雑誌に掲載。 »