« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

ショットが手に入りました。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

070130_01_shot 写真は・・・ショットです!!!入荷(?でいいのか?)しました。
ご連絡くださった皆さん、お待たせしました^^

9号散弾(直径2mm)一袋10Kg也。が計二袋20Kgです。
今日の朝連絡があり、さっそく受け取りに行ってまいりました。。。

070130_02_shot 中身は・・・こんな感じです。

なので早速連絡くださった方々にお分けしたいと思います^^
ご連絡いたしますので、ちょっと待っててくださいね。

それと、、、
あと5Kgほどあるので、欲しい方はお早めにご連絡ください。

ウチでもあと数個欲しいと思っていたので、もしかしたらショットバッグ作ってしまうかもしれませんので。。。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

雑誌に掲載?in JAPAN。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

前回『雑誌に掲載。』という記事を書きましたが、今日、クラフトの教室に行って作業していると、某男性向けファッション雑誌の取材とのことで、記者の方が来られました。

何でも、革関連の特集とかで、それの関連取材との事でした。

教室のみんなが作業している所をカメラマンがパシャパシャとおもむろに撮っていかれまして、僕が写っているかはわかりませんし、写っている写真が掲載されるかもわかりませんが、ブログに書いた直後だったのでちょっとびっくり。

多分写ってないだろうなぁ・・・図案描きしてたし・・・・^^;

もっとパッと見『レザークラフト』らしいことしてればよかったかな・・・などと思いながら、なるべくカメラを見ないように平静を装っていました^^

「日本の雑誌にも・・・」見たいな事書いたばかりで、もう実現!!!とはいかないようです。って、それってちょっと違うと思われますが。。。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

雑誌に掲載。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

実は僕、雑誌に載ったんです。

070129_01_ こないだ、嫁に自慢してしまいました(笑

何の雑誌かと言うと、、、

 

 

「The Leathercrafters & Saddlers Journal」
(ザ レザークラフターズ アンド サドラーズ ジャーナル)

というアメリカの雑誌です。

昨年、レザーカービングの聖地『シェリダン』から『シェリダンスタイルカービングの神様』ジム・ジャクソン氏が来日しまして、『シェリダンスタイルカービング』の講習会が行われました。

僕もこの講習会に参加したのですが、その時記念に撮った写真が掲載されています。

知り合いのマジョーアさん(HNです!)という方が記事を書かれていまして、その時に送った数枚の写真の中でたまたま僕の写っている写真が採用されたと言うわけですが。。。

まあナンにせよ、載ったという事実は事実なので、『とうとうオレも全米デビューかぁ?!』などと意味もなく喜んでみたりしました^^;

まあジムさんとその他大勢の中の一人なんですけどね・・・。
ちなみに、僕より先に革仲間のこぶたさんのブログでも同じ内容の記事が載っています。
こぶたさんもいたんでね^^

そんなこんなですが、いつか日本の雑誌にも取り上げられるような革職人になれるようがんばらねば!!と思う今日この頃です。

それと、この場を借りまして、先日の記事よりショットを頼まれた方々。
ただいま取り寄せ中ですので、もう少々お待ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

蛇革ベルト2 製作。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

前回、『蛇革のベルト』の事について書きましたが、、もう一本、栃木県のK様からオーダーをいただいてまして、今日はその製作でした。

070127_01_ 最初の写真。
右から『蛇革』『裏になる革と芯になる革を貼り付けたもの』『蛇革の縁になる革』です。

それぞれ裁断し、染色や仕上げをしてあります。
特に左の『縁になる革』の内側部分は後では磨けないので、大変でもこの段階で色を入れて磨いておきます。
また、芯を入れることで、仕上がりにボリュームと高級感を与えています。

070127_02_ 二番目の写真は『蛇革』を貼り付けた段階の写真です。
『蛇革』がコバまで及ばないように、数ミリ小さく裁断してあるので曲がらないように貼り付けます。

070127_03_三番目の写真は、さらに『縁になる革』を貼り付けたものです。
今日はここまで。

あとは周りを手縫いし、コバを磨き、バックルを取り付けて完成です。
二番目の写真の説明でもあるように、コバまで『蛇革』が及んでいないので、コバをきれいに磨けます。

それは『蛇革』と『ヌメ革』とをサンドイッチ状態にしたものをいっしょに磨いても、『蛇革』の部分は同じ質感にならないのできれいに仕上がらないのです。
一応コバにはこだわっているので^^

今回の手縫いは菱ギリで『突き目』しながら縫うやり方でいこうと思っています。

時間はかかりますがさらに良い作品を目指して^^

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

蛇革ベルト。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

070122_01_ 今日は昨年末、製作GO待ちだった『蛇革のベルト』を納品してまいりました。

外周部分に枠をつけているので締まって見え、なかなか良いのではないかと思います。

でもこの枠部分が結構”くせもの”で、内側のコバは磨かなくてはならないし、仕立ても思ったより手間がかかってしまいました^^;

でも何とか完成し納品。喜んでもらえました^^

この場合周りをかがるのもありかなと思いました。
見た目豪華になるし、コバ磨きの手間を考えると結果的には早くできるかもしれません。

まあ今回は、この仕様でのオーダーでしたのでこれでよかったのですが。

まだまだ経験しなくてはならないことがいっぱいです^^;
頭で考えているのと、実際にやるギャップ。気をつけなければならないことなど。。。
今回もまた勉強させていただきました。

何かを作るたびに気がつくこと、感じることがいつもあります。

きっと、作っていく限り続いていくのかもしれませんし、そうでなければいけないのかもしれません。

まだまだ伸びていけるということですから。

でわでわ!!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

ショットバッグ(その3)。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

今日は前回に引き続き『ショットバッグ』についてです。

で、昨日の書き込みの後に、僕が作ったショットバッグの寸法について質問を頂きましたので書いておきますね。

僕のショットバッグの寸法は、約10cm×10cmです。
このサイズですと2mmのショット1Kgを入れた時、パンパンではなく少し余裕があって扱いやすいと思います。
少し”クタクタ”が良い方はもう少し大きめに作ってもいいかもしれません。
そして『バッグ』の革は『ディアスキン』です。

ちなみに余談ですが、このショットバッグには『いなり1号・2号』という名前がついています^^
”おいなりさん”みたいなので^^

次に材料の入手方法ですが、革はまあイイとしてショットが問題ですね^^
この質問は数人の方から頂きました。

ショットは散弾銃の弾なので銃砲店で手に入れるのが良いと思います。
ハンズでも鉛玉として手に入ると思いますが、必要な量を手に入れるには、かなり高額になってしまうと思います。

お勧めはやはり銃砲店です。

ただ現在、散弾銃の弾は、すでに鉛玉を薬莢(やっきょう)に入れた状態で販売されているのが一般的になってきているとの事で、場所によっては在庫が無いなどの状況が考えられます。
取り寄せるにも10Kg単位でしか取り寄せられないということらしいので、個人で取り寄せるには多すぎるかもしれません。

以前、自分で購入した時はたまたま在庫があったので2Kgで分けてもらえたのですが、知り合いに頼まれて取り寄せた時は、上記の理由で10Kgで取り寄せてもらいました。
その時は、たまたま全部はけたので良かったのですが、やはり個人で10Kgというのはもてあましてしまうのではないかと思います。

そして今回、色々な方面からのお話もあり、当工房で『ショット』を用意したいと思っています。

実は、すでに数人の方から取り寄せの依頼を受けていまして、自分でも、もう2つ位あると作業がしやすいと思っていたので。。。

もし、欲しいという方がいらっしゃいましたら御一報くだされば対応いたします。
もちろんタダではありませんが^^;

その他、ご質問等あれば承りますのでお気軽にどうぞ^^

問い合わせはleather_works_gate@hide.nifty.jpまで。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

ショットバッグ(その2)。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

070120_01_ さて今日は、昨日の続き『ショットバッグ』についてですが、作り方について書いてみたいと思います。

まず、材料としては
  ・柔らかい革(鹿革や、クロムなめしの革など)
  ・ショット:散弾銃(ショットガン)の弾丸。2mm位の小さな粒のものがいいと思います。
です。

作り方としては革で袋を作り、その中にショットを入れてクチを閉じればいいわけですが、ここで一つ注意点があります。

ショットは鉛の玉なので、袋の中で擦れ合い粉が出ます。この粉が縫い目から出て革に付着すると黒い汚れとして残ってしまいます。

なので、ショットをビニールの袋などに入れて密閉し、それから革袋の中に入れることをお勧めします。

僕が一個目に作ったものが、『鹿革ヌバック』という革で、ちょっとふわふわした感じの革で、ショットを直接中に入れていたため、作業中に鉛の粉がほんの少しづつ出てきてしまっていたのか、革の表面に黒い点々が着いてしまっていました。

これは使用していた革のせいでもあると思いますが、他の革を使用する際でも、一応ショットをビニール袋に入れることをお勧めします。こうすることで安心感も上がると思うので。

まあ黒くなってしまった場合にはレモン汁で拭いてあげれば消えるのですが^^
(これは、リンクさせていただいているTUZIEさんのHPに詳しく書かれています)

あとは、重さですが、上記の一個目は700gで作ったのですが、カービングしている時になんとなく頼りない感じがしたので、K先生のアドバイスもあり1Kgで作り直しました。
これは僕としては使いやすい重さになりました。

まあ、重さは人それぞれの好みもあるので参考までと言うことで。
でも、あまり軽いと半裁などを広げた時のオモシとして使うときなど役に立たない場合もあると思われます。

それと複数個あると、やはり丸まっていた革を広げた時のオモシとして使う時はもちろん、トレースする時などにも便利ですね。

以上、作り方でした。
なんだか長くなってしまったので、材料の入手については明日書きます。
まだ引っ張るのかよ!と怒られそうですが^^;

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

ショットバッグ(その1)。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

070119_01_ 今日は、先日の予告通り『ショットバッグ』について書いてみたいと思います。

前々回『お初かしい。』で書いた通り、『ショットバッグ』は”レザーカービング”をする際、打刻によって革がずれないようにするためにオモリとして使用するものです。

これは、レザーカービングのスタイルの一つである『シェリダンスタイルカービング』について書かれた『SHERIDAN STYLE CARVING WITH BILL GARDNER AND CLINTON FAY』に紹介されています。
(といっても一文ですが^^; 日本語訳(訳:Taka Fine Leather JAPAN の大塚 孝幸〔Taka〕さん)の用語解説にも解説されています。)

『ショットバッグ』は柔らかい革製の袋(バッグ)に散弾銃(ショットガン)の弾丸である細かい粒の鉛玉(ショット)を詰めたもので、市販されてはいないので自分で作ります。

これの利点は、カービングをする際、湿らして傷がつきやすい状態の革の上に無造作に置いても柔らかく角が無いので、通常の硬いオモリと違い革に傷がつかないという点です。

オモリを持ち上げて革の向きを変える時、余計な神経を使わなくてすむと言うことですね。
これにより、よりカービングに集中できるってものです^^

これは、一昨年(2005年)上記書籍の著者の一人であるクリント・フェイさんが日本に講習に来たときにも確か講習中に紹介していたと記憶しています。
また、昨年ジム・ジャクソンさんが講習に来たときも使っていました。(なんと僕のショットバッグも使って頂きました!! すみません。自慢です^^
ジャクソンさんも、前述の利点について説明しておられました。つまり使いやすいということですね。

もう一つの利点は、自分で作ることが出来るので、好みの重さのオモリを作れるということでしょうか。
扱いやすい重さというのも人それぞれでしょうし。

さらに、シェリダンマスターも使っているということで、使っているとプロっぽく見える!!というかプロならば使ってるはず?(笑

ただ、アメリカという国は銃社会であるため、散弾銃(ショットガン)の弾などは容易に手に入るという事もあるのでしょうが、ここ日本においてはちょっと事情が違うかもしれませんね。

『ショットバッグ』の利点はこんなところでしょうか。

長くなってしまったので、作り方等については明日。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

次回予告。

皆さんこんにちは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

なかなか記事をアップできないでいますが、何も書かないというのもナンなので、次回予告を。

次回は、前回に記事に中に書きました『ショットバッグ』についてです!!

あれから、色々な方からの質問などを頂きましたので書いてみたいと思っています。

今日はこれから『Taka Fine Leather JAPAN』さんの所に野暮用で行ってきます。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

お初かしい。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

070110_02__2 昨日は、仕入れと今年初のクラフトでの教室でした。

朝から三筋の金具屋さんにより、昨年末にオーダーを頂いたベルト用にバックルを調達してから荻窪へ。

教室では先生や教室の仲間と新年のご挨拶をし、昨年からの引き続きで製作している課題『分割通しマチ』で仕立てている『ショットバッグ(※1)』用のケースの作業をしました。

教室の仲間と話していた時、「年賀状の差出人がないやつが届いたんだけどあれHIDEさん?」 ・・・あれ?

年賀状に自分の宛名を入れ忘れてしまった!!!(^^;

ことが発覚!!(^^;

070110_01_家族の年賀状を作ったりしてから自分のを作ったのですが、その時に差出人を表示させるのを忘れてしまっていたようです。。。

数人の方にその様な年賀状を送ってしまっていました。

上の写真のような文面で差出人のない年賀状が届いた方。すみません。。。それ僕です^^;

この場をお借りしてお詫びいたします。そして改めまして今年もよろしくお願いいたします。

なんだか間の抜けた年始めになってしまいました^^;

でもまだまだ今年も始ったばかり!!気を取り直していきましょう!!!

 ※1:カービングをする際革がずれないように使用するオモリ。
    散弾銃の弾丸である細かい粒の鉛球(ショット)を柔らか
         い革製の小袋(バッグ) に詰めた物。
    後日この『ショットバッグ』についてもふれてみたいと思い
    ます。

でわでわ!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

年初め。

皆さん改めまして明けましておめでとうございます。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

正月もやっと落ち着いたと思ったら、今日からウチに友人が集まり、(奥様方が飲むため車で帰れないので)お泊りで『新年会』をやることになっております。

なかなか落ち着いて仕事始めとはいかないようです。まあ『新年会』は、それはそれで楽しみなのですが・・・。

本格的に『革仕事』をはじめられるのは、9日の『クラフト学園』での教室からですね^^

おかげさまで1月納品の仕事が4点程あるので『本格始動』の準備と平行し、元旦にも書いたとおり『猪突猛進!!!』目の前の目標に向かってがむしゃらにやってみようと思っています。

当ブログもはじめてから早2ヶ月。『革仕事』の事についても、どんな風に作品が作られていくのかを皆さんに知っていただけるように、少しづつ書いていきたいと思っています。

とりあえず『目の前』の新年会を楽しんで(笑)元気を蓄えようと思います!!

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけまして。

皆さん明けましておめでとうございます!!

Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

070101_01 先ほど今年最初の作品が出来上がりました^^

先日に記事にも書いていた『プレーンな財布』です。

今日か明日納品です。

今年は、当工房『Leather works GATE』の本格始動の年!!!

イノシシ年にあやかり『猪突猛進』をテーマにがんばっていきたいと思いますので、皆さんよろしくお願いいたします。

HPの方も立ち上げたいと思ってますので、乞うご期待!!

ブログも今まで同様よろしくお願いいたします。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »