« 原点。 | トップページ | 06クラフト忘年会。 »

2006年12月15日 (金)

モウル。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

061215_01 最近、僕の周りの話題に『モウル』がやたら出て来るので、ちょっとその話題を。

『モウル』と言うのは”レザーカービング”をする時に、刻印を打刻するために使う工具で、写真左の『木槌』と同じ使い方をするものです。

僕もはじめたたばかり頃、『木槌』を使ってカービングをしていました。

この『モウル』のいい所は打面が丸いため、『木槌』のように打面の角度を気にせずに打刻が出来る事だと思います。(あとは見た目がかっこいいとか、持っているとうまそうに見えるとか。)

確かに価格もそれなりにしますが、使いやすさはやはり上だと思います。でも、これはあくまで僕の感想なので、『木槌』の方が使いやすいという方もいらっしゃると思いますし、それは人それぞれだと思いますのであしからず。

『モウル』には、重さの違うものが何種類か用意されていて、僕が現在持っているのは”16オンス”と”14オンス”の二つ。
最初”16オンス”のものを使っていたのですが、最近”14オンス”のものを手に入れ使用しています。

変えた理由は、長時間カービングをしたときの腕への負担もそうですが、打刻の微妙な力加減のコントロールがしやすいと感じたためです。

”16オンス”も”バスケット”刻印を打つ時や、”フラワーセンター”を打つ時など「ゴンッ!」と刻印を打ち込むような場合に使っています。
『刻印が跳ねないようにガッツリと革に打ち込む』という事を考えると、もっと重いものでもいいかもしれませんが、持っていないので^^;

それと、最初に買ったのが左の『木槌』で、これは大きいやつです。これは、ハトメ抜きや菱目打ちなどを打つ時に使っています。

まあこの辺は好みの問題もあるのでなんともいえないですが、『刻印を打刻する』ということについては同じ訳で、現にK先生は、生徒の使っている『木槌』『モウル』に関係なくお手本カービングされている所をみると『弘法は筆を選ばず』なのかなと思ったりもします。

まあなんにせよ使いやすいもの、気のちよくカービングできるもの、良い結果が得られるものが一番と言うことでしょうか。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

|

« 原点。 | トップページ | 06クラフト忘年会。 »

革仕事」カテゴリの記事

コメント

やっぱモウルっていいんですかね~?
気にはなってるんですけど値段が・・・

たしかに木槌だと傾いて打っちゃって刻印ずれたりなんてことあります。。。
まだはじめたばっかなんで、刻印の先にばっか集中しちゃうもんで木槌にまで意識がいかないんですよねぇ(汗

投稿: kazu | 2006年12月16日 (土) 00時55分

14オンリーです。(笑
でも多分HIDEさんより打刻が深いかも……。
シェリダンはあっさり系と思っていても、
なかなかそういう風に打てないんですよね〜。
『弘法は筆を選ばず』の域になるまではまだまだまだまだ(エンドレス
先は長そうです。当たり前ですが。

投稿: mizchi | 2006年12月16日 (土) 01時47分

>Kazuさん
まあ木槌でも何の問題もなくカービングは出来るので、それで練習されてから考えてもよいと思います。
打面のコントロールも無意識に出来るようになると思います。

>mizchiさん
僕とは逆ですね。どっちかって言うと僕は浅い方なので、深く打ちたいのですが、かなり意識しないとすぐに戻ってしまいます。
一度に理想的な深さに打てるようになりたいもんですね^^;

投稿: HIDE | 2006年12月16日 (土) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193310/13080905

この記事へのトラックバック一覧です: モウル。:

« 原点。 | トップページ | 06クラフト忘年会。 »