« 赤レンガ倉庫。 | トップページ | 原点。 »

2006年12月 9日 (土)

『かがり』変更。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

ちょっと話が前後しますが、火曜は『クラフト学園』の日でした。
先日より製作しております、『ラティーゴⅡを使ったカービング』の課題で製作している”メディスンバッグ”の続きです。

061206_01_ 『今日こそ完成だ!』

と意気込んでいきましたが、そうは問屋は卸さず・・・。いや、いいんです。これもよりよい作品を作り出すため!!

で、完成しなかった理由はと言いますと、最後の『かがり』の部分なのです。

『”かがり”って?』という方のために簡単に説明しますと、

061209_01 『2枚の革に穴を開けて、革のレースでつなぎ合わせる』技法です。(詳しくはまた後日説明してみたいと思います。)

この『かがり』には、色々な方法があるのですが、今回の作品には、当初『ダブルステッチ』というかがり方で仕立てようと思っていました。(写真左側)

実際に『かがり』の作業をし始めた時、あることに気がつきました。

この『ダブルステッチ』でかがると、表側と裏側が出来てしまい、見た目がそれぞれ違ってしまいます。(写真左側、上が表、下が裏)

『これって、正面から見たら表裏どっちも見えちゃうなぁ・・・でもこれを解消するかがり方知らないし・・・』(と頭の中でつぶやいてみる)

と考えたりしながら、マアとにかく進め!とばかりに一本目のレースが終わり二本目をつないで数目進んだ頃・・・

K先生から僕の心の弱さを見抜くかのような『天の声』。

『このかがり方だと裏表があるから見た目が良くないので、表裏の出ないかがり方の方がいいね(要約)』

うお!やはりそうですか!!さすが先生です。見抜かれましたか!!恐れ入ります。そして新しい『かがり』を教えていただけるのですね!!!

と、試練なのか、愛なのか、とにかく『完成度の高いものを作るための努力は惜しむな!』(僕には勝手にそう聞こえている)という、K先生のお言葉を受け、『ダブルステッチ』をそそくさとほどき、新しい『かがり』 『ROUND BRAID(ラウンドブレイド)』別名『MEXICAN BASKETWEAVE(メキシカンバスケットウィーヴ)』 (写真右)を教えていただくことに。

以前、同じクラフトで学んでいる仲間”Sちゃん(♂)”がやっていたのを見たことがあるのですが、結構手間がかかる方法です。でも仕上がりは断然こっちの方が上。

一応、今回の作品はLeather works 『GATE』 の宣伝活動のため、嫁さんが身につけるらしいので、やはりここはよりハイグレードな作品を!!って感じなので最終的によかったなぁと。

で、先ほど『ROUND BRAID』が終わり完成!!

嫁さんに告ぐ!!しっかり宣伝してくださいまし!!!!

でわでわ!!!"Practice! Practice! Practice!"

|

« 赤レンガ倉庫。 | トップページ | 原点。 »

革仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193310/12996285

この記事へのトラックバック一覧です: 『かがり』変更。:

« 赤レンガ倉庫。 | トップページ | 原点。 »