« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

サケニモマケズ。

こんばんは。

061130_01_ 昨日はクラフトの教室に行ってきました。

先日の記事にも書きましたが、いま『ラティーゴⅡを使ったカービング』という課題で作っているメディスンバッグの製作の続きをしました。

 一応表革のカービングはフィニッシュカットまで終わり、家でオイルを入れてきてあったので、『レザーコート』→『アンティック』の工程を。
 今回は革の自然な感じを生かしてバックグラウンドは染色せず、『アンティック・ダイ』の黄茶をチョイスしてみました。
 なかなかいい雰囲気に染まりました^^

 それと平行して、ベルトループに『バスケット』の刻印を打ったり、一応嫁の手に渡り、宣伝活動に一役買うとの事(←人事?)なので、かぶせの下になる前胴部分にと工房のブランド刻印などを打ちつつ、レザーコートを施し、『玉ブチ』を入れての手縫いの作業。

 この辺までで、午前・午後の教室が終わり、いつものメンバーは呑みに行くということだったので、夕飯を食べるのに一緒に居酒屋へ。
 昨日は、夜の教室も出る予定で来ていたので、皆は美味そうなビール、僕だけウーロン茶で乾杯して、チャーハンを食べながら教室の時間までお付き合いしました^^;

 『えらいぞ!!オレ!!!』

と自分を褒めながら、夜の教室で作業を再開し、玉ブチを入れて手縫いしたものをひっくり返し
『おお!コロンとしている♪なかなかイイ感じ^^』などと思いつつ『裁断』→『コバ磨き』。

 『コバにはこだわりがあるね』などと、教えて頂いているK先生(ブログ見て下さっているらしいです。御世話になってます^^)に突っ込みを入れられながらひたすら時間までコバ磨きしてました。

目標の『完成』とはいきませんでしたが、後は『ベルトループの取り付け』、『前胴・後胴の接着』、『後胴からかぶせ部分のかがり』の作業を残すのみ!なので、がんばって仕上げなければ!!

その後、まだあのメンバーが呑んでいると言うので、夜の教室に来ていたNISHIKAWA君と一緒に合流。
でも、守谷の駅まで車だったのでまたまた、ウーロン茶でお付き合い!やっぱりまずいですので。

『意外と我慢できるもんだな』などと思いつつ、楽しいひと時を皆で過ごして家路についたのでした。。。

『えらかったぞ!!オレ!!!』

これから忘年会シーズン!!皆さん呑み過ぎないように!!←ってお前が言うなって??

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

オーダー図案。

皆さんこんばんは。

いよいよ携帯ケースの製作に入りました。

型紙を作り、仮組みをし、寸法を調整する所まで終わり、図案を描いたので、先方に確認をして頂きに行きました。

シェリダンスタイルで描いてみたのですが、どうもイメージが合わなかったらしく、変更することに。

先方から言われたイメージで描き直し、再度確認して頂くとO.Kが頂けました(^^)v

実は、先方の『玄関の壁に掛けてある彫刻(レリーフ?)の額部分の文様みたいな感じで』という要望でしたので、写真を撮り、それを元にアレンジしてみたのでした。

何はともあれO.Kが出て一安心です。

先日も、友人からオーダーを頂いた時に、図案が決定するまでに結構書き直しました。

やはり、作り手としても、気に入った図案で作ってあげたいという気持ちがあるので、そこには時間がかかっても納得してもらえるような図案を描いていきたい。それによって今の自分には無かった『センス』や『発想』を得ることが出来るのではないかと思ってやっています。

まだまだ自分のスタイルみたいなものが確立しているわけではないので、そういった中で、もっと勉強していければと思ってます。

いよいよこれから現物の製作に入ります。

どんな風に仕上がるかお楽しみです。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

久しぶりに。

皆さんおはようございます。

061122_01_ 昨日は、クラフト(=クラフト学園)の日。
色々な用事や、風邪をひいてしまったりで、なかなか一緒に教室に出れなかった人たちと久しぶりに会えました^^1ヶ月とちょっとぐらいかな?

教室では、課題の『ラティーゴⅡという革を使ったカービング』で、作っているメディスンバッッグの表部分のカービングをしました。

今回のは、完成したら一応ウチの嫁の手に渡るということで、全体の形としては『コロンッ』という感じで『カッコ可愛く!』をテーマにまとめてみたいと思って製作しています。

表部分のカービングも残す所フィニッシュカットのみとなりまして、来週の教室で仕立てまで終わらして完成!といきたいなあと思っています。

教室の後は、同じ生徒の人達と軽くデニって(デ○ーズに行って)から、いつもの人達3人で久しぶりに一杯^^

やはり革仲間との一杯やりながらの『革談義』はいいっすね^^

みんなそれぞれいろんな意見を持っていて、それをぶつけ合うことでまた新たな発見があったり、刺激しあったり。

こういう時間もいつもウチの工房で一人の僕にとっては大切で、またがんばろうというモチベーションになります。

久しぶりに元気をもらって帰ってきました。

つい先ほど、色々とオーダーしてくれている叔父が工房に来てくれて、ベルトを受け取って頂きました。ありがとうございます。

気に入ってくれたようで、一安心です^^

ついでに携帯ケースについて打ち合わせも出来たので、これから取り掛かろうと思います。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

思うこと。

皆さんこんばんは。

061120 本当なら昨日やるはずだったベルト製作ですが、諸事情で(^^;)続きを今日夕方から続行しました。

裏革と芯革を貼り付けてから表革を貼り付け、菱目で縫い穴を開けて手縫いしていきます。今回はダークブラウンに染色しているので、今回糸は黒を使用。

今日はここまでで、明日コバ磨き、バックル・サルカンを取り付け完成・納品予定です。

ベルトひとつ製作するにしても、裁断・染色・革漉き・接着・手縫い・コバ磨き・・・その中にも色々とやらなければならない細かい作業があります。注意しながら一つ一つ集中して作業しなければなりません。

毎回何かしら気がつく点や勉強になる点があったりして。ほんのちょっとのことなのですがそれを次回に生かしていくことが大切だなぁと思います。

基本的なことを確実に積み上げていくことで、作品のクウォリティーがあがっていくの思うので、一つ一つの作業はおろそかに出来ません。

毎回、オーダー品を製作している時に思うのですが、この作品を依頼主の手に渡した時、どんな風な反応をしてくれるのか、特に意識しているわけではなく、ごく自然に頭に浮かんできます。

やはり、喜んでもらえるのが一番。満足してもらえるように、これからも一つ一つ丁寧に、心を込めて。作らせて頂きます。

なんか、思いつくままに書いてしまったのでまとまっていませんが・・・。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

蛇革がやってきた。

皆さんこんばんは。

この間の書込みから5日もたってしましました^^;

火曜には革の学校(クラフト学園)に行ったり、仕入れに行ったりしました。

前回の『蛇革の財布のリメイク』をオーダーしてくださった叔父の別オーダーで、『蛇革のベルト』があるのですが、その材料(つまり蛇革)を仕入れてきました。

061117_01 写真は、その1.3mの蛇革です^^

でも水曜日に、製作は先方の都合でもう少し経ってからということで依頼がありまして先送りです。

なので、更に(やはり叔父に)依頼されているプレーンな『ベルト』をただいま製作中です。

裏を貼って芯を入れる仕様のベルトで、裁断、染色が終わりました。

残りの作業はまた明日。

ホント寒くなってきました^^;

工房で作業してても寒くて手がかじかんできてしまいます。今日とうとうファンヒーターを出しました。

風邪などひかないように皆さんも気をつけてください。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

リメイク修了。

皆さんこんばんは。

最近めっきり寒くなってきましたが、風邪などひいてないですか?(僕はひいてしまいましたが・・・^^;)

061112_01_1

先日『リメイク』していた財布が完成しました。色もきれいに染まって仕立てもうまくいったのでひと安心。

明日納品です。気に入ってくれればいいですが。

さて、最近なんだかんだで、カービングの作品を作る時間がなかったのですが、オーダーの入っているカービング入り携帯電話ケースの製作に取り掛かるのでちょっとワクワクしてます。

型紙からの製作になるので時間がかかるかもしれませんが、一生懸命作らせて頂きます。ありがとうございます!!

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

リメイク。

061110_01_1 皆さんこんばんは。

風邪も治り、やっと調子が出てきました。

叔父から財布のリメイクの依頼がきました。ついでに携帯ケース、ベルトもオーダー頂きました。ありがとうございます。

リメイクというのは今回初めてなのですが、今現在の形から、寸法取り、型紙と、結構設計段階で変更とかが出てきて以外に手間が掛かります。

黄色い蛇革の財布(上写真)で、中パーツも黄色なので、その仕様はそのままに、カード入、小銭入は無しでとのオーダー。リメイクというよりは、仕立て直しといった方がしっくりきそうですね。

061110_02 とりあえずバラして、どのように仕立て直すか検討してみることに。(写真はバラした状態)

打ち合わせでは、蛇革をヘリ返しをして縫うということになっていたのですが、なるべく小さくという要望があったため、中パーツの寸法はすでに決まっていた為、それに合わせると、もとの縫い目跡が残ってしまうということが判明。

なので、仕様を変更して、ヘリ部分にボーダー状に一枚革を当て、縫うことにしました。

これで製作には入れる!!と思っていた矢先、中パーツの染色で苦戦してしまいました^^;

『なるべく厚みを薄く!』との事だったので、パーツの厚みを0.5mmと0.8mmにしているため、染料を使って黄色にムラなく染めようとすると床面まで染料が貫通してしまい、仕方なく裏からも染料を入れると、黄色ではなく橙色になってしまう!?なんで??

色々と試して、やっと染色が終わりました^^;今日はここまで・・・。

染色って奥が深い。。。勉強することまだまだたくさんありますね。

でも、自分が納得するものを使ってくれる人に提供する姿勢だけは、ずっと持ち続けたい、そう思います。

色々やってみて失敗したりしながら、更に良いものを作る為の糧にしていく。日々精進です。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

風邪。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

不覚にも風邪(?)をひいてしました。。。

今日一日ウチでゆっくりしていたのですが。いまだ頭が・・・

明日も『革』学校の日なのですが、行けそうにありません。

ここのところ、朝晩の気温差が結構あるので、皆さんも気をつけてくださいね。

今日はもう寝ます。。。って今頃ブログ書いてんなって^^;

すみません・・・

でわでわ!!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

コバ磨きのこだわりⅢ。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

今日は前回の続きです。

061105_04 四枚目の写真。『布海苔』で磨いた後、ヤスリの番手を変えながら磨いていきます。写真は、更にヤスリがけ・『布海苔』での磨きを行った状態です。前回の『コバ』の状態より滑らかさが増しています。これを繰り返します。

061105_05 五枚目。仕上がった状態です。この状態ではもう毛羽立ちはなく、滑らかな『コバ』に仕上がっています。

 

20061031_01_2 以上が大まかなが『コバ磨き』の流れです。
で、仕上がったのが写真のベルト。

『布海苔』を使って磨く際、ウチの工房では、『帆布』(キャンバス地)や、綿のTシャツの端布を使っています。人によっては『ヘチマ』や、『コバ磨き』用の工具『ヘリ磨き』などを使うこともあります。

『布海苔』も何種類か出ていて、どれを使うかはやはり作家さんによると思います。

『コバ磨き』は、革の状態や、質によって、手順ややり方を変えたりすることもありますし奥が深いなぁと、磨くたびに思います。
『革』と対話し、見極め、それに合った"やり方"で仕上げていく。日々精進です。

皆さんに、より完成度の高い作品を届けられるよう精進していきたいと思います。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

コバ磨きのこだわりⅡ。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

昨日は、『コバ磨き』について書きましたが、今日はその続きを。

なぜ僕が、『コバ』にこだわるようになったかというと、まだレザークラフトを始めたばかりの頃、ある作家さんの作品を見て、こんな風にきれいなコバにすることが出来るんだぁ・・・と思ったことから興味を持ったのがきっかけです。

そして、どうやったら滑らかで美しい『コバ』に仕上げられるのか色々と試し始め、今も少しづつ試行錯誤をしています。

と、文章だけを読んでもよく分からないと思いますので、今回は画像で簡単に『コバ』がどんな風に仕上がっていくか見ていってみたいと思います。

ただあらかじめ言っておきたいのですが、詳細な作業工程は色々と(企業秘密のようなものが)あるのであくまで簡単に^^;大体の流れを追って見ていきたいと思います。

今回は、先日納品したベルトを例にしています。
061104_01 まず、裁断したまんまの『コバ』の写真です。
ここから手を加えていきます。

 

061104_02二枚目はへり(裁断した時の角の部分)を落として荒いヤスリで表面を削り、『コバ』の形を整えたところです。

 

061104_03

三枚目。『布海苔』という仕上げ剤を使い磨いた状態です。毛羽立ちが少し抑えられて、『布海苔』により、少し艶が出ています。普段市販されている量産品や、汎用品ではこのぐらいでしょうか。

 ここから更に磨いていきますが、長くなるので次回に。

明日(って言っても今日)横浜で行われる『COOL BREAKER』という、バイクのカスタムショーに行ってきます。

リンクさせていただいている『刻龍堂』さんもいらっしゃる(『GARAGE KNOCKER』というカスタムショップのブース内)ので、楽しみです。

『COOL BREAKER』の様子は後日ご報告したいと思います。

※記事の写真、枚目と三枚めが入れ替わって投稿されてしまっていたので修正しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

コバ磨きのこだわり。

皆さんこんばんは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

今日は、先日書いたベルトの納品でした。

納品当日の今日、ベルトを仕上げる中で、コバ(革の切り口部分)を磨く作業があったのですが、今日はこの『コバ磨き』について書こうと思います。

『作品の出来』を判断する材料としては、色々とありますが、このコバの仕上げが丁寧かどうかもその一つと言えます。

巷に出回っているレザークラフトの商品を見ても、このコバの仕上げ方には色々ありますね。

切りっぱなしの物、磨いてあるもの、樹脂系のものなどを塗ったものなど色々です。

最近は、ジーンズ屋さんで安く手に入るベルトなんかは、樹脂系のもので(値段の割りに)結構きれいにコーティングしてあったりします。

ウチの工房では、樹脂系の物はほとんど使わず、手作業で磨くことによって滑らかさと光沢を出しています。

この『コバ』の仕上げにこだわるかこだわらないかは作家さんによると思いますし、実際お客さんがそこまで見ているかといったら”?”です。

一生懸命磨いても、使用していくうちにだんだん表面が荒れてきてしまいますし、お客さんが見ていないんだったら・・・とも考えられますが、やはり作り手としてはこだわりたい部分です。

なぜなら・・・
『コバ』がしっかりと磨いてあるものと磨いていないものでは、並べて見るとその雰囲気の違いがはっきりと分かります。仕上がりの品質が違ってしまうのです。(わざと表面を荒らした状態や、磨かないことがデザインの狙いなのであれば話は別ですのでアシカラズ。)

これはあくまで自分の作品に対しての考えなので、他の作家さんに当てはまるかといったらそうではないかもしれません。

でも、もしレザークラフトの作品を見る機会があったら、この『名脇役』の『コバ』を見てみてください。作家さんの"情熱"や"こだわり"がそこに見えるかもしれません^^
そうそう!くれぐれも言っておきますが、これは一つの僕の意見であって、必ずしもそうではないということも付け加えておきます。

もうちょっと書きたいですが、長くなったので今日はこの辺で。
多分続きます^^

でわでわ!!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

仕入れに行って来た。

皆さんこんにちは。Leather works 『GATE』 の”HIDE”です。

昨日は、問屋さんに仕入れに行ってまいりました。

最近ベルトのオーダーが数件あったので在庫のバックルがなくなったのと、新しいバックルを仕入れるべく、蔵前へ行き、そして取置きしてもらっていた工具を受け取りに上野へ。

その足で『クラフト社』の荻窪店に向かい野暮用を済ませ帰ってきましたが、帰ったのが19時前で、やはり一日コースとなってしまいました^^;

やはり茨城から仕入れに”上京”するとなると致し方ないのか・・・まあ、問屋周りは嫌いでないのでいいんですが。

”ベルトのオーダーが数件”という話が出ましたが、最近、地元のツーリングクラブの方々にオーダーを頂いておりまして、ボチボチですが自分の作品を買って頂けていると言う実感が沸いてきております。本当にありがとうございます。

まだ、定番品となる作品もきちんと揃っておらず、HPも完成していないので、本格的にスタートしているとは言い難いのですが、少しづつ慌てないで、皆さんに使って頂ける作品を形にしていこうと思っています。

でわでわ!!"Practice! Practice! Practice!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »